ランキング

アクセスランキング 月間TOP10

俳優の萩原健一さん、68歳で死去=「傷だらけの天使」など出演

2019-03-28 23:07

テレビドラマ「傷だらけの天使」などで知られ、「ショーケン」の愛称で親しまれた俳優で歌手の萩原健一(はぎわら・けんいち、本名敬三=けいぞう)さんが26日午前10時30分、消化管間質腫瘍のため東京都内の病院で死去した。68歳だった。埼玉県出身。葬儀は家族で済ませた。
1967年、グループサウンズ「ザ・テンプターズ」のボーカルでデビューし、「神様お願い!」などがヒットして人気者に。その後俳優業にも進出し、ドラマ「太陽にほえろ!」のマカロニ刑事役や「傷だらけの天使」で演じた風変わりなアウトローぶりで強い印象を残した。続いて出演した「前略おふくろ様」では長髪をばっさり切って板前を演じ、芸域を拡大。その後、映画「八つ墓村」「影武者」「恋文」「いつかギラギラする日」、NHK大河ドラマ「元禄繚乱(りょうらん)」など数多くの作品に出演し、CMでも活躍した。
私生活の奔放さからトラブルも多く、近年は芸能活動を縮小していたが、2000年代に音楽活動を再開し、昨年はシングルをリリース。サスペンスドラマ「明日への誓い」の主演も務めた。
所属事務所によると、11年から闘病していたが、本人の強い希望で病名の公表を控えていた。
[時事通信社]
月間TOP10にもどる

その他 社会

社会一覧へ