ランキング

アクセスランキング 最新TOP10

シェアハウス運営会社が破産=電気など止まる恐れ

2018-05-15 20:31

女性用シェアハウス「かぼちゃの馬車」の運営会社スマートデイズ(東京)は15日、東京地裁から破産手続きの開始決定を受けた。今後、スマートデイズ名義で契約している電気、ガス、水道といったライフラインが止まり、入居者の生活に影響が出る恐れがある。
ライフラインがスマートデイズ名義となっている物件は相当数残っているとみられる。同社の破産管財人は、シェアハウスの所有者や管理会社に対し、契約名義を至急変更するよう呼び掛けている。
[時事通信社]
最新TOP10にもどる

その他 経済

経済一覧へ