ランキング

アクセスランキング 最新TOP10

「白州12年」「響17年」販売休止=原酒不足でサントリー

2018-05-15 19:12

サントリーホールディングス傘下の蒸留酒メーカー、サントリースピリッツ(東京)が国産ウイスキー主力商品のうち、「白州12年」「響17年」の2品の販売を休止することが15日、分かった。国内外での需要拡大に伴い原酒が不足しているため。
白州12年は6月ごろ、響17年は9月ごろに在庫がなくなる見込み。同社は製造能力を高めるなどして早期の再開を目指す。原酒を造った10年以上前の想定を上回って近年需要が伸びたため、供給が追い付かなくなった。
[時事通信社]
最新TOP10にもどる

その他 経済

経済一覧へ