ランキング

アクセスランキング 最新TOP10

殺害関与認める供述=小2女児遺棄容疑の男―新潟県警

2018-05-15 17:23

新潟市西区の小学2年大桃珠生さん(7)が殺害された事件で、死体遺棄・損壊容疑で逮捕された会社員小林遼容疑者(23)が新潟県警新潟西署捜査本部の調べに、殺害への関与を認める供述をしていることが15日、捜査関係者への取材で分かった。
捜査本部は供述の裏付けを進めるとともに、一連の経緯と動機の解明を急いでいる。
小林容疑者は7日午後10時19〜30分ごろ、西区青山水道の線路内に大桃さんの遺体を放置し、列車にひかせたとして逮捕された。容疑を認めているという。
捜査関係者によると、同容疑者は殺害についても関与を認める供述をしている。
大桃さんは同日午後3時すぎに友人らと一緒に下校し、友人と別れ一人で自宅に向かう途中で行方が分からなくなった。遺体の状況から、大桃さんは連れ去られた後、間もなく殺害されたとみられている。司法解剖の結果、死因は窒息と判明した。
同容疑者宅と大桃さん宅は約100メートルしか離れていないが、2人に面識はなかったとみられる。
同容疑者は取り調べに淡々と応じているが、反省の言葉はないという。
一方、勤務先の電気工事会社社長によると、同容疑者は7日、無断欠勤し、連絡が取れない状態だった。8日以降も、連絡は取れるようになったが、会社は休んでいたという。
[時事通信社]
最新TOP10にもどる

その他 社会

社会一覧へ