写真ニュース

一覧へ

北極圏のオーロラ

アメリカ・アラスカ州にあり、オーロラ観光地としても知られるフェアバンクスから500キロほど北に位置するアラスカブルックス山脈に現れたオーロラをカメラマンの堀田東氏が撮影。
未明から弱いながらオーロラが空を漂ったり消えたりしていたが、午前2時を周るとオーロラは一旦夜空から姿を消した。午前3時30分頃から、西から東の低い空に再び滲み出たオーロラは強弱を繰り返しながら、夜空で踊っていた。午前4時前、オーロラは高度を上げ更に力強くなり、天頂近くに見える北斗七星をからめた(2013年03月12日) 【時事通信社】
キャプションの内容は配信当時のものです

93/114