写真ニュース

一覧へ

投打「二刀流」大谷翔平

オリオールズとの試合前、練習で笑顔を見せるエンゼルスの大谷翔平。4月の月間最優秀新人に選ばれたことが発表された=米アナハイム(2018年05月02日) 【時事通信社】
米大リーグ機構は2日、4月のア・リーグ月間最優秀新人にエンゼルスの大谷翔平投手(23)が選ばれたと発表した。日本選手では、2012年4月に当時レンジャーズのダルビッシュ有投手(現カブス)が選ばれて以来で、6人目となった。
大谷は、打者としては3月の出場も含めて44打数15安打で、打率3割4分1厘。4本塁打、12打点をマークした。投手では4試合に登板し、2勝1敗。4月8日のアスレチックス戦では七回1死まで走者を一人も許さない好投を見せた。
月間最優秀新人の表彰は01年に始まり、同年にマリナーズのイチロー外野手が4度受賞した。02年4月には石井一久投手(当時ドジャース)、03年6月には松井秀喜外野手(同ヤンキース)、07年4月には岡島秀樹投手(同レッドソックス)が選出されている。
キャプションの内容は配信当時のものです

83/132