写真ニュース

一覧へ

羽生結弦

フィギュアスケート、オータム・クラシックの男子フリーで演技する羽生結弦=2018年9月22日、カナダ・オークビル【AFP時事】
フィギュアスケートのオータム・クラシックは22日、カナダのオークビルで男子フリーが行われ、今季初戦でショートプログラム(SP)首位の羽生結弦は165.91点でフリー2位となったが、合計263.65点で逃げ切って優勝した。
羽生は4度予定した4回転ジャンプのうち、序盤に跳んだ単発のループとトーループはきれいに決めた。中盤のサルコーは転倒。後半に予定したトーループは抜けて2回転になり、いずれも連続ジャンプにできず得点を取りこぼした。
車俊煥(韓国)が合計259.78点で2位だった。
キャプションの内容は配信当時のものです

50/160