写真ニュース

一覧へ

上野動物園のパンダ

上野動物園のジャイアントパンダの雌「シンシン」が2012年7月5日、赤ちゃんを出産した。同園でのパンダ誕生は24年ぶりで、自然交配では初めて。同園によると、赤ちゃんパンダは1頭で性別は不明。母子ともに健康という。写真は、出産後に赤ちゃんパンダを抱いているとみられるシンシン[東京動物園協会提供]
同園の記者会見によると、4日夜からシンシンが下腹部を気にするようになったため、24時間態勢の監視に切り替えていたところ、5日午後0時27分に赤ちゃんの鳴き声を確認した。シンシンはすぐに左胸の辺りに赤ちゃんを抱えて乳を与えている様子を見せており、出産後の状況は順調という。赤ちゃんは手のひらに乗る程度の平均的な大きさという(2012年07月05日)【時事通信社】
キャプションの内容は配信当時のものです

45/87