写真ニュース

一覧へ

北極圏のオーロラ

オーロラフォトグラファーの堀田東氏が北極圏、アラスカ・ブルックス山脈で撮影したオーロラ。
鮮やかなオーロラ活動を確認するのは3日目。今夜は、午前0時を回ったころから、オーロラが発生。艶やかな光の帯は1分ほどで北の空にアーチを架ける状態になった。午前2時を回ったころ、オーロラは動きを活発にし、山脈の中腹の雪面を照らした(2時19分撮影)(2011年03月09日) 【時事通信社】
キャプションの内容は配信当時のものです

112/114