特集


村山元首相もねぎらう=「頂いたバットを大切に」―イチロー引退

2019-03-22 20:24

イチローが210安打を記録した1994年のシーズンオフに表敬訪問を受けた当時首相の村山富市さんが22日、社民党大分県連を通じ、現役引退について「長い間第一線で頑張られたことに、大変ご苦労さまでしたと声を掛けたい」とねぎらいのコメントを出した。
「総理大臣時代、イチロー選手に会ったことはよく覚えている」と村山さん。首相官邸で懇談した際、村山さんがバットを握ってイチローの「振り子打法」の格好を披露したエピソードは語り草。「その時に頂いたバットは今も大切にしている」。95歳の現在も宝物になっているようだ。
[時事通信社]

その他 特集記事