特集


白鵬の三本締めを問題視=大相撲横審

2019-03-25 20:37

大相撲の横綱審議委員会は25日、東京・両国国技館で定例会合を開き、白鵬が春場所で42度目の優勝を全勝で飾ったことを称賛した上で、土俵下での優勝インタビューの際に、自ら音頭を取って三本締めをしたことを問題視する意見が相次いだ。
記者会見した矢野弘典委員長は「手締めは行事が全部終わった後にやるもの。優勝している横綱といえども一力士としてそういうことをやれる立場にあるか疑問だ」と語った。閉幕は初日前日に行われる土俵祭でお迎えした神を天にお帰しする「神送りの儀式」を終えてからだと指摘した。
[時事通信社]

その他 特集記事