特集


高校横綱の斎藤、八角部屋に入門=大相撲

2019-02-21 17:28

昨年の高校横綱の斎藤大輔(埼玉栄高3年)が、大相撲の八角部屋に入門することが決まり、21日にさいたま市の同校で記者会見に臨んだ。「親方を信じて稽古し、関取になりたい」と抱負を述べた。春場所(3月10日初日、エディオンアリーナ大阪)の新弟子検査を受ける予定。
山形県酒田市出身で、190センチ、135キロの恵まれた体格。突き押しからの左四つを武器にしており、昨年は国体の少年個人も制した。
小学生の時、わんぱく相撲全国大会に出場するため、同部屋に宿泊したのをきっかけに入門を希望。「親方のような偉大な力士になりたい」との意欲を示し、八角親方(元横綱北勝海)は「華があり、お客さんを呼べるような力士になってほしい」と期待を込めた。
[時事通信社]

その他 特集記事