特集


立憲、女性候補を公募=「パリテ」実現に向け

2018-12-21 19:45

立憲民主党は21日、各種地方選挙や国政選挙への出馬を目指す女性候補を公募すると発表した。当面は来年の統一地方選と参院選に向け、来年1月1日から2月28日まで募集する。
同党が候補を公募するのは初めて。女性に限定することで、議会の男女比を均等に近づける「パリテ」(フランス語で同数、均等の意)実現を目指す。来年2月末でいったん締め切った後、6月と10月から再び募集を始める予定だ。
枝野幸男代表は21日の記者会見で「政治分野のジェンダーギャップが情けない状況だ。門戸を広く、ハードルは低く、政治を志す方は声を掛けてもらいたい」と述べた。
同党は18日に女性候補擁立プラン(第1次)を策定。統一地方選に立候補する場合、支援資金を全体の基準に上乗せするほか、新人対象の貸付金制度も始めることにしている。
[時事通信社]

その他 特集記事