特集


羽生2位、チェンが世界最高点で連覇=宇野は4位―世界フィギュア

2019-03-23 21:48

フィギュアスケートの世界選手権最終日は23日、さいたまスーパーアリーナで男子フリーが行われ、右足首負傷から約4カ月ぶりに復帰した羽生結弦(ANA)は合計300.97点をマークしたが、2位に終わった。ネーサン・チェン(米国)が合計の今季世界最高点を大幅に更新する323.42点で連覇を遂げた。
SP3位の羽生はフリーで206.10点を出したが2位にとどまり、逆転はならなかった。チェンはフリーでも今季世界最高の216.02点を出し、SPに続いて1位になった。
宇野昌磨(トヨタ自動車)は合計270.32点で4位。田中刑事(倉敷芸術科学大)は合計238.40点で14位。日本男子は来年の出場枠最大3を確保した。
アイスダンスはフリーが行われ、ガブリエラ・パパダキス、ギヨーム・シゼロン組(フランス)が今季世界最高の合計222.65点で2年連続4度目の優勝を果たした。
[時事通信社]

その他 特集記事