特集


JOC山下泰裕氏「会長が判断されること」=竹田氏の去就

2019-03-15 21:37

日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕選手強化本部長は15日、竹田恒和会長の退任論が強まっていることに関して、東京都内で取材に応じた。「やめるかどうかは会長が判断されること。われわれは自分の考えを言うことはありません」と述べた。
山下氏は1984年ロサンゼルス五輪金メダリストで、現在は全日本柔道連盟会長を務めている。竹田会長が退任した場合、後任候補に名前が挙がる存在だが、「仮定の話には、一切コメントできない」と述べるにとどめた。
[時事通信社]

その他 特集記事