特集


卑劣なテロ非難=「NZ国民と連帯」―安倍首相

2019-03-15 20:05

安倍晋三首相は15日、ニュージーランド・クライストチャーチのモスクで発生した乱射事件を受け、アーダーン首相宛てにメッセージを送った。「卑劣なテロ攻撃を断固として非難する。日本はニュージーランド、国際社会と手を携えてテロと断固として戦う決意だ」と伝えた。
首相は「亡くなられた方々に心からの哀悼の意を表するとともに、ご遺族、負傷された方々に心からお見舞い申し上げる。ニュージーランド国民がこの困難な時を乗り越えるに当たり、心からの連帯を表明する」と強調した。
[時事通信社]

その他 特集記事