特集


渋谷「アポ電」強盗に関与か=指名手配の男逮捕―警視庁など

2019-03-27 23:04

高齢女性から特殊詐欺でキャッシュカードを盗んだとして大阪府警に指名手配され、27日に逮捕された男が、2月に東京都渋谷区笹塚で起きた「アポ電」と呼ばれる不審な電話による強盗事件に関与した疑いがあることが、捜査関係者への取材で分かった。警視庁は詳しい役割などを調べる。
逮捕されたのは、住所不定無職、寺島健太容疑者(33)。昨年11月、大阪市北区の女性(83)に「詐欺グループの名簿に名前がある」などと電話をかけた上で金融庁職員を装って訪れ、キャッシュカードなどを盗んだ疑いが持たれている。
防犯カメラの映像などで浮上したが、昨年末に行方をくらませ、府警は2月に窃盗容疑で指名手配。27日に都内で警視庁の捜査員が見つけ、府警に身柄が引き渡された。
捜査関係者によると、寺島容疑者は2月1日に渋谷区でアポ電の後に高齢者夫婦が縛られ、現金約400万円が奪われた強盗事件にも関与した疑いがあるという。警視庁は府警が捜査を終えるのを待って詳しく事情を聴く。
[時事通信社]

その他 特集記事