特集


新元号ヌードル、一部販売中止=朝ドラ効果「うれしい悲鳴」―日清食品

2019-04-11 16:41

日清食品は11日、5月1日に発売を予定していた「カップヌードル 新元号記念パッケージ」3種のうち、カレーとシーフードを取りやめ、定番の「レギュラー」だけにすると発表した。袋麺の「チキンラーメン」開発秘話を題材にしたNHK朝の連続ドラマ「まんぷく」人気の後押しもあり、カップ麺を含む売れ行きが急伸。現在の生産体制では出荷に支障が出かねないと判断した。
新元号ヌードルはパッケージで「令和」の2文字を強調し、改元当日に満を持して3種を売り出す計画だった。4月1日に発売したばかりの新商品「カップヌードル 味噌」の販売も一時見合わせる。「朝ドラ」効果により、カップ麺商品の絞り込みを余儀なくされ、日清食品は「うれしい悲鳴」を上げた形だ。
[時事通信社]

その他 特集記事