特集


河野統幕長、韓国発表を否定=東シナ海自衛隊機、「冷静な対応を」

2019-01-24 16:39

東シナ海で自衛隊機による「威嚇飛行」があったと韓国国防省が発表したことについて、自衛隊制服組トップの河野克俊統合幕僚長は24日の定例会見で、韓国の発表を否定し「冷静な対応を求めたい」と述べた。
河野統幕長は、海上自衛隊の哨戒機の位置を高度150メートル以上、距離1000メートル以上と説明。安全な高度と距離だったと強調した上で、「具体的な数字になると、適切でないし、意味もない」と詳細な言及を避けた。
加えて、「韓国側とさらに言い合うということだけは避けたいし、冷静な対応を韓国側には求めたい」と繰り返した。
[時事通信社]

その他 特集記事