特集


両陛下、御所で黙とう=阪神大震災24年

2019-01-17 11:30

天皇、皇后両陛下は17日、阪神大震災の発生時刻に合わせ、お住まいの皇居・御所で黙とうされた。宮内庁が明らかにした。
阪神大震災は発生からこの日で24年。天皇陛下は16日行われた歌会始の儀で、震災復興のシンボルとなった「はるかのひまわり」が成長する様子を詠んだ。
[時事通信社]

その他 特集記事