特集


監察委聴取、ナンバー2も参加=不正調査に「姿勢示すため」―厚労省官房長

2019-01-28 22:42

厚生労働省の定塚由美子官房長は28日、同省内で記者団の取材に応じ、毎月勤労統計不正をめぐり、第三者による特別監察委員会のヒアリングに、事務方ナンバー2の宮川晃厚生労働審議官も参加していたと明らかにした。幹部職員の聴取に同席したと批判された官房長自身は、「厚労省としても答えてもらわないと困るという姿勢を示す意味で出席した」と釈明した。
定塚官房長が聞き取りに参加したのは元部局長級の5人。自らトップを務め、監察委の立ち上げ前に不正を調べていた監察チームでも2人のヒアリングを行ったという。官房長によると、宮川厚労審議官は、監察委による3件の聴取に参加した。現在進めている再調査は、第三者の委員のみが質問する。
[時事通信社]

その他 特集記事