特集


小林陵「心が成長した」=W杯札幌大会へ抱負

2019-01-24 12:09

ノルディックスキー・ジャンプ男子の今季ワールドカップ(W杯)で個人総合首位に立つ小林陵侑(土屋ホーム)が24日、札幌市内で記者会見した。26日からのW杯札幌大会を控え、「自分でもびっくりする結果が出ている。今度は(2月の)世界選手権の金メダル、W杯総合チャンピオンを目指して頑張りたい」と残りシーズンへの意気込みを語った。
今季は伝統ある「ジャンプ週間」で4戦全勝するなど、W杯9勝の快進撃。好調の要因を「一番は心が成長した。体もトレーニングで良くなっている。最後に技術が体についてきた」と分析した。
22日の帰国後は、札幌名物のみそラーメンを食べ、散髪をして「少し気持ちが回復できた」。札幌大会に向けて「地元で皆さんに喜んでもらえるようなビッグジャンプを見せられたらいい」と笑顔で活躍を誓った。
[時事通信社]

その他 特集記事