特集


高梨連覇、男子は竹内制す=全日本ジャンプ

2018-10-27 15:15

ノルディックスキー・ジャンプの全日本選手権は27日、長野県白馬村の白馬ジャンプ競技場で男女ノーマルヒル(HS98メートル、K点90メートル)が行われ、女子は平昌五輪銅メダルの高梨沙羅(クラレ)が94.5メートルを飛び、128.4点で2年連続4度目の優勝を遂げた。2位は伊藤有希(土屋ホーム)で、3位は岩渕香里(北野建設)。強風などのため2回目の飛躍が途中で打ち切られた。
男子は竹内択(北野建設)が90.5メートル、93.5メートルを飛び、239.3点で優勝。佐藤幸椰(雪印メグミルク)が2位、伊東大貴(雪印メグミルク)が3位で、46歳の葛西紀明(土屋ホーム)は26位だった。平昌五輪ノーマルヒル7位の小林陵侑(土屋ホーム)は左膝痛で欠場した。
[時事通信社]

その他 特集記事