特集


カタール、歴史的勝利=アジア杯サッカー

2019-02-02 08:44

快進撃は最後まで続いた。カタールが初の決勝進出から、一気に頂点まで駆け上がった。不利との下馬評を覆したサンチェス監督は、「ビッグチームを破ることができた。カタールの歴史に残ることを成し遂げた」。興奮は冷めなかった。
エースのアリとAk・アフィフの2トップは迫力満点だった。自慢のスピードで脅かし、日本がひるんでいる隙に2ゴール。特に華麗なオーバーヘッドで先制点のアリは今大会9ゴール。ダエイ(イラン)が持っていた最多得点記録を更新し、最優秀選手に選ばれた。
スーダン出身の22歳。大会中、出場資格で疑義をもたれたが、影響なかった。「まさか7試合で9得点できるとは思っていなかった。仲間が助けてくれたおかげ」と自らも驚く出来だった。
2022年W杯開催を控える立場として、これとないタイトルを手にした。W杯出場経験のないチームを率いる指揮官は「22年へ向けて何の心配もしていない」。言葉に自信が満ちていた。
[時事通信社]

その他 特集記事