特集


日本、王座奪回ならず=カタールに1―3で敗れる―アジア杯サッカー

2019-02-01 23:10

【アブダビ時事】サッカーのアジア・カップは1日、アブダビで決勝が行われ、2大会ぶり5度目の制覇を狙った日本はカタールに1―3で敗れ、王座奪回はならなかった。2022年ワールドカップ(W杯)を開催するカタールは初優勝。賞金は優勝が500万ドル(約5億4500万円)、準優勝が300万ドル(約3億3000万円)。
1次リーグから6戦全勝だった日本は前半12分、カタールのアリに大会最多記録の9ゴール目となる先制点を許し、同27分にも失点。後半に南野(ザルツブルク)が1点を返したが、PKで3点目を失い、反撃及ばなかった。
日本は5度目の決勝で、敗れるのは初めて。森保監督は就任後、親善試合を含めて采配12戦目で初黒星となった。
国際連盟(FIFA)ランキングは日本50位で、カタール93位。対戦成績は日本の2勝4分け3敗となった。
[時事通信社]

その他 特集記事