特集


大坂、世界1位の初戦飾れず=67位選手に完敗―女子テニス・ドバイ選手権

2019-02-20 07:54

【ドバイ時事】女子テニスのドバイ選手権は19日、アラブ首長国連邦のドバイで行われ、世界ランキング1位で第1シードの大坂なおみ(日清食品)が初戦のシングルス2回戦で、同67位のクリスティナ・ムラデノビッチ(フランス)に3―6、3―6のストレートで敗れる波乱があった。
大坂は1月の全豪オープンで四大大会2連勝を果たし、アジア勢で初の世界1位に就いてから最初の試合。立ち上がりから攻め急いでミスが目立ち、サービスゲームのキープに苦しんだ。
大坂は今月、コーチとして成長を支えたサーシャ・バイン氏との契約を解消し、ドバイ選手権後に新しいコーチ選びを始めると明かしていた。
[時事通信社]

その他 特集記事