特集


大坂「うれしい、びっくり」=全豪テニス制覇から一夜明け喜び

2019-01-27 14:50

【メルボルン時事】テニスの全豪オープン女子シングルスで、日本勢初優勝を遂げた大坂なおみ(日清食品)が決勝から一夜明けた27日、メルボルン近郊で日本の報道陣の取材に応じ、日本語で「すごくうれしい。びっくりした。勝ちました」と喜びを語った。
質問の多くに英語で答えた大坂。男女を通じて日本勢初の四大大会制覇を果たした昨年の全米オープンとの違いについて「全米のときはサプライズだったけど、今回は自信を持って戦えた」と振り返った。
大会で学んだことは「どんな状況でも最大限の努力をすれば、チャンスをつかめること」を挙げた。技術面で伸びた点については「サーブ。コースに打ち分けられるようになった」と述べた。
世界ランキングでアジア勢初の1位に就くが「やることは変わらない」と断言。全仏オープン、ウィンブルドン選手権に向けて「勝てたらうれしい」と述べ、生涯グランドスラム(四大大会全制覇)達成にも意欲を示した。
表情には少し疲れた様子もあり、今一番したいことを聞かれ、「ゆっくり寝たい」と苦笑い。食べたいものは全米制覇後と同じ「カツ丼」と答えた。
この日は大会主催者によるビーチでの写真撮影会も開かれた。ワンピース姿の大坂は優勝カップを手に臨み、世界中のカメラマンに笑みを振りまいた。
[時事通信社]

その他 特集記事