特集


鈴木長官「説明責任を」=竹田JOC会長の会見受け

2019-01-15 20:46

2020年東京五輪・パラリンピック招致に絡む贈賄疑惑で、フランス司法当局の捜査対象になった日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長が15日の記者会見で改めて潔白を主張したことを受け、鈴木大地スポーツ庁長官は「疑念を晴らすべく説明責任を果たされると思う。その方策はご自身で判断されるべきだ」と述べた。
竹田会長が会見で一方的に主張を発言するのみで質問を受け付けなかったことについて、鈴木長官は「それはJOCと竹田会長が決めたことであり、私からは何とも申し上げられない」と言葉を濁した。今後の対応については「情報はもらうことになると思うが、基本的にはJOCが対処していくべき問題だろうと思っている」と話した。
[時事通信社]

その他 特集記事