特集


自動車8社、国内生産は微増=SUVや軽が好調―18年度

2019-04-25 19:40

自動車大手8社が25日発表した2018年度の国内生産台数は合計で前年度比0.7%増の925万3374台だった。3年連続の増加で、17年度に続き900万台を超えた。品質不正が相次ぎ発覚した日産自動車とSUBARU(スバル)を除く6社で、新型のスポーツ用多目的車(SUV)や軽自動車などが好調だった。
日産は北米や欧州向けが落ち込み、8.6%減。前会長カルロス・ゴーン被告の不正問題も重しとなった。スバルは、部品の不具合発覚による工場停止も影響し、12.0%減だった。
[時事通信社]

その他 特集記事