特集


ゴーン容疑者の特別抗告棄却=8日間の勾留延長―最高裁

2019-04-18 17:26

日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者(65)の勾留をめぐり、最高裁第3小法廷(山崎敏充裁判長)は17日付の決定で、22日まで8日間の延長を認めた東京地裁決定を不服とする同容疑者側の特別抗告を棄却した。
東京地検特捜部は24日まで10日間の延長を請求したが、地裁が短縮した。弁護側は準抗告が退けられ、最高裁に特別抗告していた。
[時事通信社]

その他 特集記事