特集


ゴーン被告 保釈

ルノーCEO、日産との連携重視=経営統合は「時期尚早」

2019-02-14 22:00

【パリ時事】フランス自動車大手ルノーのティエリー・ボロレ最高経営責任者(CEO)は14日、決算発表後の記者会見で、日産自動車との連合を率いていたカルロス・ゴーン被告をめぐる不正問題について「多大なショックを与えたが、重要なのは継続だ」と述べ、日産との連携を引き続き重視する姿勢を示した。一方、仏政府が画策しているとされる日産との経営統合に関しては「時期尚早だ」と明言を避けた。
[時事通信社]

その他 特集記事