特集


ゴーン被告 保釈

ルノー会長、日産側と2日間会合=14日来日

2019-02-13 23:57

仏自動車大手ルノーのジャンドミニク・スナール会長が14日の来日後、2日間の日程で日産自動車の幹部と会合を開くことが13日、明らかになった。日産の西川広人社長をはじめ、複数の同社役員と会い、提携関係の発展などについて意見を交わす。両社の幹部同士で信頼関係を構築し、カルロス・ゴーン被告の不正問題で悪化した関係の改善を目指す。
また、西川社長は13日夜、記者団に対し、3社連合の一角である三菱自動車の益子修最高経営責任者(CEO)も含め、スナール氏と3者で会談する場を設けることも明らかにした。
[時事通信社]

その他 特集記事