特集


レーダー照射

北朝鮮、哨戒機問題で対日非難=「再侵略の野望」と

2019-02-04 15:40

【ソウル時事】北朝鮮の対韓国窓口機関、祖国平和統一委員会のウェブサイト「わが民族同士」は4日掲載した論評で、韓国駆逐艦による海上自衛隊の哨戒機へのレーダー照射や駆逐艦への「威嚇飛行」をめぐる日韓摩擦を取り上げ、「朝鮮半島の平和ムードを砕き、再侵略の野望を実現しようとする日本の反動勢力の犯罪的な悪巧みが露呈した」と非難した。
哨戒機問題で韓国と連帯する姿勢を強調し、日韓間の連携にくさびを打ち込もうという狙いがあるとみられる。
論評は「南朝鮮(韓国)との軍事的関係を意図的に悪化させようとする日本の行動が極度に達している」と主張し、「最近の『威嚇飛行』事件などは、日本の反動勢力の領土膨張への野望と意図的な挑発策動の延長線上にある」と決め付けた。
[時事通信社]

その他 特集記事