特集


「猛夏襲来」「金農感謝」=今年の創作四字熟語―住友生命

2018-12-17 14:09

住友生命保険は17日、今年の世相を映した創作四字熟語の優秀・入選作品を発表した。優秀作品には「命の危険がある」と注意喚起されるほどの猛暑を踏まえた「猛夏襲来(蒙古襲来)」や、夏の高校野球で大躍進した秋田県立金足農業高校をたたえた「金農感謝(勤労感謝)」などが選ばれた。
今年は相次いだ自然災害を題材とした作品が目立った。次々と列島を襲った台風が「台量発生(大量発生)」し、北海道地震で起きた道内全域の停電は「地震暗来(疑心暗鬼)」をもたらした。
スポーツ分野では「そだねー」の掛け声で注目を浴び、平昌冬季五輪で銅メダルを獲得したカーリング女子が「娘軍奮銅(孤軍奮闘)」。女子テニス・大坂なおみ選手の全米オープン優勝は「全米庭覇(全米制覇)」の四字熟語で表現された。
高額な返礼品が問題となったのは「古里悩税(ふるさと納税)」。文化関連では、カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールに輝いた「万引き家族」が映画館で「大入万引(大入満員)」となり、本庶佑氏はノーベル医学生理学賞の受賞で「対癌賞受(大願成就)」した。
今年は過去最多となる1万4209作品の応募があり、歌人の俵万智さんが審査した。
[時事通信社]

その他 特集記事