特集


転換点の大阪発展に寄与=次期代表幹事の深野氏―関西同友会

2018-12-10 18:39

関西経済同友会は10日、次期代表幹事に元特許庁長官で伊藤忠商事常務理事の深野弘行氏を内定したと正式発表した。来年5月の会員総会を経て正式に選出する。大阪市内で会見した深野氏は、開催地に決まった2025年国際博覧会(万博)をはじめ重要イベントを見据え、「関西は大きな転換点にあり、少しでも発展する方向に持っていきたい」と抱負を語った。
[時事通信社]

その他 特集記事