特集


停電影響額1300億円超=商工業への被害推計―北海道

2018-10-03 23:11

北海道は3日、胆振地方を震源とする地震による大規模停電で、商工業事業者の売り上げへの影響額が約1318億円に上るとの推計値を発表した。内訳は、卸売業や小売業が約986億円、製造業が約332億円。各業態の年間売り上げと停電日数などを基に算出した。
商工業事業者が地震によって建物や設備、商品に受けた直接被害額は約120億円。停電に伴う商品や原材料の廃棄、設備破損など二次的被害は約136億円だった。
一方、観光面では、9月30日時点で道内の旅館・ホテルなどの宿泊キャンセルが延べ114万9000人となった。宿泊や交通費、飲食・土産物などを含む観光消費への影響額は約356億円と推計した。
[時事通信社]

その他 特集記事