特集


障害者雇用で詐欺容疑=調整金など6千万円、役員逮捕―岡山県警

2018-09-04 20:00

障害者の就労を支援する「就労継続支援A型事業所」で労働時間を水増しし、障害者雇用調整金など約6092万円をだまし取ったとして、岡山県警捜査2課と倉敷署は4日、詐欺容疑で一般社団法人「あじさいの輪」(同県倉敷市)理事でグループ会社役員の楠田崇容疑者(45)=同市酒津=を逮捕した。県警は認否を明らかにしていない。
逮捕容疑は2016年5月、女性事務員と共謀し、あじさいの輪で雇用する障害者の労働時間を水増しして障害者雇用調整金を申請し、独立行政法人「高齢・障害・求職者雇用支援機構」(千葉市)から水増し分約95万円を含む約5124万円をだまし取った疑い。
また同年6月には同様の手口で、役員を務めるグループ会社「あじさいの花」で雇用する障害者の労働時間を虚偽申請し、水増し分約80万円を含む報奨金約968万円を詐取した疑い。
[時事通信社]

その他 特集記事