特集


障害者雇用、衆院でも水増し

2018-08-29 11:25

衆院事務局は29日の衆院議院運営委員会庶務小委員会で、衆院の障害者雇用に関して2017年度は10人、18年度は16人それぞれ水増しがあったと報告した。
水増しが生じた理由について、衆院事務局は「障害者雇用促進法に定める障害者雇用の対象範囲の解釈に誤りがあった」と説明した。
[時事通信社]

その他 特集記事