特集


中村主将「照準ずらさず」。7人制ラグビー女子帰国―ホッケー男子も・アジア大会

2018-09-03 20:28

ジャカルタ・アジア大会のラグビー7人制女子で初の金メダルを獲得した日本代表が3日に帰国し、成田空港で記者会見を行った。主将の中村知春(アルカス熊谷)は2年後の東京五輪に向け、「照準を世界からずらさず、普段からやっていきたい」と力強く語った。
初優勝したホッケー男子日本代表も同日帰国。山下学主将(小矢部)は「常に下を向かずにやろうと思っていた」と終了間際に追い付き、シュートアウトを制したマレーシアとの決勝を振り返った。
[時事通信社]

その他 特集記事