特集


大阪府警本部長が逃走現場視察=「申し訳ない」改めて謝罪

2018-08-20 17:58

大阪府警富田林署で勾留中の樋田淳也容疑者(30)が逃走した事件で、府警の広田耕一本部長は20日、同署を訪れ、樋田容疑者が逃走した面会室などを視察した。終了後、広田本部長は「府民、住民の皆さまに不安と心配をお掛けし、大変申し訳なく思っている」と改めて謝罪した。
広田本部長は「組織の総力を挙げて逃走した容疑者の一刻も早い発見、確保に向けて全力を尽くしている」と述べた。逃走の原因については、「接見室の設備の問題もあるし、接見終了の確認や運用に問題もあった。いろいろな問題が重なって生じた」と話した。
[時事通信社]

その他 特集記事