特集


大阪府内でひったくり連続=黒バイクの男、逃走容疑者か―府警

2018-08-16 14:30

大阪府警富田林署から勾留中の樋田淳也容疑者(30)が逃走した事件で、逃走翌日の13日以降、黒っぽいバイクに乗った男によるひったくり事件が府内で少なくとも4件相次いでいることが16日、府警への取材で分かった。
同府松原市の樋田容疑者宅近くでは黒色の原付きバイクが盗まれており、府警は同容疑者が盗んだバイクを使いひったくりを繰り返しているとみて、行方を追っている。
樋田容疑者は12日夜に富田林署から逃走。富田林市の北側にある羽曳野市では、同容疑者が署の近くで盗んだ疑いのある自転車が乗り捨てられていた。
府警によると、羽曳野市では13日午後9時ごろ、女性が黒っぽいバイクに乗った男に、現金約2500円や携帯電話の入ったかばんをひったくられた。かばんは現金が抜かれた状態で大阪市西淀川区の河川敷に捨てられ、電話は羽曳野市で見つかった。
また大阪市の南部で13〜15日、ひったくり事件が3件発生。いずれも黒っぽいバイクを使った夜間の犯行で、松原市で盗まれた原付きバイクが使われた可能性があるという。
府警は16日も3000人の捜索態勢を維持し、防犯カメラの解析などを急いでいる。
[時事通信社]

その他 特集記事