特集


容疑者、自転車盗み逃走か=防犯カメラに不審な男―大阪府警

2018-08-15 04:58

大阪府警富田林署から勾留中の樋田淳也容疑者(30)が逃走した事件の当日、署周辺の防犯カメラに自転車に乗って走り去る不審な男が映っていたことが15日、捜査関係者への取材で分かった。富田林署捜査本部は樋田容疑者が自転車を盗んで逃げた可能性もあるとみて、行方を捜している。
捜査関係者によると、樋田容疑者は12日午後8時ごろに弁護士が面会室を出た後、1人になった隙に仕切りのアクリル板を壊して逃走した。アクリル板の容疑者側の面には、足で蹴ったとみられる跡が残っていたことも判明した。
捜査本部が署周辺の防犯カメラ映像を解析したところ、午後8時台に署の東方向に猛スピードで走り去る赤っぽい色の自転車が確認された。不鮮明だが、男が乗っているとみられ、黒系の服装で黒色ジャージー姿の同容疑者と矛盾しないという。
これまでに自転車を盗まれたという届け出はないといい、同本部は周辺の放置自転車を奪った可能性もあるとみている。
府警は付近の住宅に樋田容疑者の特徴を記したビラをまくなど、引き続き約3000人の態勢で捜索。目撃情報や、自転車などが盗まれていないかを重点的に調べている。
[時事通信社]

その他 特集記事