特集


米大使館に発砲=犯人逃走、負傷者なし―トルコ

2018-08-20 18:01

【エルサレム時事】トルコのメディアによると、首都アンカラで20日早朝、何者かが車から米大使館に向かって数発発砲し、そのまま逃走した。警察が犯人の行方を追っている。銃弾は警備員室の窓ガラスなどに当たったが、負傷者は出なかったという。
大使館はこの日、イスラム教の祝日「イードアルアドハー(犠牲祭)」のため、休館の予定だった。
トルコと米国は最近、トルコで米国人牧師が自宅軟禁下に置かれている問題をめぐり対立を深めている。この問題が今回の事件と関係があるかは不明だが、警察は関連も含めて捜査している。
[時事通信社]

その他 特集記事