特集


円続伸、110円台半ば=東京市場

2018-08-20 11:23

20日午前の東京外国為替市場の円相場は続伸し、1ドル=110円台半ばでもみ合っている。トルコと米国の対立が激化したことでトルコ通貨リラが再び下落し、安全資産とされる円を買う動きが広がっている。午前11時現在は1ドル=110円47〜47銭と前週末比23銭の円高・ドル安。
[時事通信社]

その他 特集記事