特集


米大統領選介入、ロシアに同調=トランプ氏「捜査は災難」―首脳会談で成果なし

2018-07-17 05:41

【ヘルシンキ時事】トランプ米大統領は16日、フィンランドの首都ヘルシンキでロシアのプーチン大統領と会談した。トランプ氏は会談後の記者会見で、ロシアによる2016年米大統領選への介入問題に関し、「なぜロシアが選挙に干渉するのか理由が見当たらない」と述べ、改めて介入を否定したプーチン氏に同調。米国内で続くロシア疑惑の捜査を「災難」とまで言い切った。
両首脳の直接会談は、昨年7月の20カ国・地域(G20)首脳会議以来約1年ぶり。核軍縮やシリア問題についても協議したが具体的成果はなく、信頼醸成に向けて対話を継続する意向を確認するにとどまった。
米大統領選介入をめぐっては、モラー特別検察官が13日、介入を認定してロシア情報部員12人を起訴した。捜査では、ロシアが選挙戦でトランプ陣営と連携していた実態の一端が浮かび上がった。
プーチン氏は会見で「ロシア政府は選挙を含む米国の内政に干渉したことは一切なく、今後も干渉することはない」と主張。米捜査チーム立ち会いの下、起訴された情報部員から事情聴取してもいいと提案した。
一方、トランプ氏は自国の司法当局による捜査を「二大核保有国の関係を悪化させており、ばかげている」と批判した。さらに、ロシアとの間に共謀はなかったと繰り返し、会見の最後には「魔女狩りだ」と捨てぜりふを吐いた。
首脳会談は通訳のみを交えた1対1で始まり、両大統領は予定を大幅に上回る約2時間にわたって意見を交わした。
プーチン氏は21年に期限切れを迎える米ロ両国の戦略核弾頭の配備上限を定めた新戦略兵器削減条約(新START)の延長を提案したが、合意には至らなかった。シリア問題では、米ロ両軍の偶発的衝突の回避に向けて協力することで一致しただけだった。
[時事通信社]

その他 特集記事