特集


15日間「札止め」=大相撲名古屋場所

2018-07-22 19:35

大相撲名古屋場所は千秋楽の22日も入場券が完売し、15日間通して満員札止めとなった。
取組への懸賞は約1800本が予定されていたが鶴竜、白鵬、栃ノ心らが途中休場したこともあって1542本となり、名古屋場所最多だった昨年の1677本に及ばなかった。
[時事通信社]

その他 特集記事