特集


3戦勝ち上がりはクロアチアが初=決勝Tの延長戦―サッカーW杯

2018-07-12 09:19

W杯ロシア大会の準決勝で、クロアチアがイングランドを延長戦の末に下し、初の決勝進出を決めた。
クロアチアは今大会、決勝トーナメント1回戦のデンマーク戦、準々決勝のロシア戦とも延長戦でも決着がつかず、PK戦の末勝利した。
決勝トーナメントで、3試合連続延長戦となったのはクロアチアが2度目。過去には1990年大会でイングランドが記録しており、内容は延長戦勝ち、延長戦勝ち、PK戦負けだった。クロアチアは延長戦3試合を全て勝ち上がった史上初のチームとなった。
[時事通信社]

その他 特集記事