特集


オウム死刑囚6人、一斉執行=地下鉄サリン散布役など―確定13人全て終える

2018-07-26 12:45

オウム真理教による一連の事件で、法務省は26日、死刑が確定した元幹部6人の刑を一斉に執行した。同省は元代表の松本智津夫元死刑囚(63)ら7人の刑を6日に一斉執行。一連の事件で死刑が確定した元幹部ら13人全員の刑が執行された。
上川陽子法相は26日午前、法務省で臨時会見を開き、「事件は過去に例を見ない、そして今後二度と起こってはならない極めて凶悪重大なもの。慎重な検討を重ね、執行を命令した」と述べた。
26日に執行されたのは、林(小池に改姓)泰男(60)=仙台拘置支所=、端本悟(51)=東京拘置所=、豊田亨(50)=同=、広瀬健一(54)=同=、岡崎(宮前に改姓)一明(57)=名古屋拘置所=、横山真人(54)=同=各死刑囚。
林、豊田、広瀬、横山各死刑囚は、地下鉄サリン事件の散布役。端本、岡崎両死刑囚は、坂本堤弁護士一家殺害事件などに関与した。
6日に一斉執行された松本元死刑囚ら7人の執行命令を出したのも上川法相で、同法相はオウム事件で死刑が確定した13人全員の執行を命令した。同省が執行の事実を公表し始めた1998年11月以降、1カ月のうちに死刑が複数回執行されたのは初めて。
同法相が執行を命じたのは、第3次安倍内閣での在任時も含めると計16人となり、執行の公表が始まって以降、一人の法相が執行した人数としては最多。
確定判決などによると、元幹部らは松本元死刑囚と共謀し、89年11月に坂本弁護士一家3人を殺害し、94年6月には長野県松本市でサリンを噴霧。95年3月、営団地下鉄(現・東京メトロ)各線を走る5本の電車内でサリンを散布した。松本サリンでは住民8人が、地下鉄サリン事件では乗客と駅員13人が犠牲になった。
[時事通信社]

その他 特集記事