特集


自民・麻生氏、安定政権の継続を=総裁選、首相支持で結束

2018-07-26 18:14

自民党麻生派は26日、横浜市内で研修会を開いた。会長の麻生太郎副総理兼財務相が講演し、「第2次安倍政権発足以来、安定した政権が続いているというのは特筆すべきものだ」と述べ、安定政権継続の重要性を指摘。9月の党総裁選をめぐり、同派は安倍晋三首相の3選支持で結束していく方針だ。
麻生氏は講演で、「責任ある野党がなかなか生まれない状態なので、自民党内での政策競争が起こり得る形にしないといけない」と主張。麻生派として政策提言をまとめ、総裁候補に提示する。
西日本豪雨を受けて、自民党各派が相次いで研修会を延期する中、麻生派は予定通り開催。麻生氏は「政策提言をするのが政策集団の仕事だ。(延期などは)理解ができない」と述べた。
[時事通信社]

その他 特集記事