特集


二宮組など1回戦敗退=フェデラーは4回戦へ―ウィンブルドンテニス

2018-07-07 07:45

【ウィンブルドン(英国)時事】テニスのウィンブルドン選手権第5日は6日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、混合ダブルス1回戦で二宮真琴(橋本総業)アンドレス・モルテニ(アルゼンチン)組はアイサム・クレシ(パキスタン)アランチャ・パラサントンハ(スペイン)組に3―6、2―6で敗れた。青山修子(近藤乳業)ユーゴ・ニス(フランス)組も敗退。
青山はジェニファー・ブレイディ(米国)と組んだ女子ダブルス2回戦でも競り負けた。
男子シングルス3回戦で、連覇を狙う第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)がヤンレナート・シュトルフ(ドイツ)に快勝し、4回戦に進出した。
[時事通信社]

その他 特集記事